TOUGH DESIGN

title_blog

こんにちは~

2008-04-26 0:54:00

あたたかく過ごしやすい日が続いてますねupアミーゴですscissors
嘘。タフ山崎です。アミーゴのように絵文字使いこなしたかっただけです。否!ここはタフブログ。絵文字のような乙女な事はしませんぞ!!
さて今回は真面目に映画紹介です。
なーんて、ここサロデザノートでは一切映画内容に触れず、あくまで内装屋視点でいきます!
こちらTHE UNTOUCHABLES(1987)

この事務所シーンのブラインドが男前!

なんかブラインドてホコリだらけで羽が折れてて、ひもが絡まってて、刑事が指で羽を開いてて。。。みたいなイメージですが
こんな商品ご紹介します。
ニチベイさんからでているB50Classic Styleです。

こちら、幅広の羽(スラットていいます)と、羽同士を繋ぐ紐代わりにワイドラダーテープで、カラーバリエーションもなかなか渋い!これつけときゃ羽固くて刑事もなかなか開けません!
細部もなかなかいい造りしとるぞいね。

実は私山崎タクZは、毎朝9:30まで快眠をとるべく自宅アパートにこれつけてます。
遮光性は抜群で、なにより微妙な光加減の調節はブラインドならではですぜ!奥さん。
しかしなんで上回転、下回転があったり羽が微妙にRがかってるんかの?!ややこしいの!!
なんてずっと思ってました。
ごめんなさい。。ブラインドさん。ついこの間知ったの、ホントの事。
そう。ブラインドさんの生まれは水の都ベニス。
ここでは上からの日光だけでなく、水面からの照り返しを遮光する為、時には下向きに羽を傾ける必要があったのです。。。
なんてできすぎた、はじめて物語があっての、その繊細なシステムだったのです。なるー!
都心に急増中の元事務所仕様のサロンさん。毎度、アルミサッシュダサくねぇ?なんて問題がでますが、塗装したり木でムリくり隠さず、ブラインド合わせて男前度UPupUPupなんていかがです?

ブログテーマ一覧
メディア掲載
月別に読む